当院について

TOP > 当院について > 部門等のご案内 > 薬局

薬局

私たちは、患者様への安全で有効な薬物療法提供のため、以下の業務を実践します。

  • 患者様おひとりおひとりに適した調剤業務
  • 患者様おひとりおひとりに適した薬物療法の支援
  • 患者様おひとりおひとりに適した医薬品情報の提供

私たち薬剤師は患者様おひとりおひとりに安全で有効な薬物療法を提供することを旨とし、
調剤そして薬剤に関する適切な情報の提供などの業務を行っています。

調剤業務

当院は、開院時より電子カルテを導入しています。
薬局では患者様に安全な医療を提供できるようにリスク管理に力を入れています。
薬局内では、薬剤師が調剤過誤を起こさないように様々な工夫がなされています。
調剤支援システムを導入し、効率的な調剤を正確に行うことができます。例えば、薬袋や
ラベルの自動発行により、書記ミス発生のリスクを減らします。
一包化調剤が必要な患者様に対して、錠剤自動分包機による分包調剤を行っています。
さらに、散薬監査システムでは、薬品・常用量チェックを含む秤量チェックを行っています。
患者様にあった最適な剤形を提供できるよう対応しています。処方チェックシステムも導入し、
薬学的処方チェックによる監査業務の充実をはかっています。
調剤棚の薬品名(類似薬品名あり、規格違いありなど)の工夫や処方箋にも注意事項などを
記載しています。

医薬品情報管理業務

薬剤情報提供・管理

医薬品の添付文書をはじめ、製薬企業の添付文書集、インタビューフォーム、
医療情報誌、医療関連雑誌・図書等の管理を行い、各医療従事者への迅速で
正確な情報伝達に努めています。
また、患者様へは外来・入院での薬剤情報提供書の管理を行い、常に最新の
情報が提供できるよう努めています。

病棟薬剤師業務

病棟に薬剤師を配置し、病棟業務を行っています。
医薬品の副作用や有害事象など情報の収集と提供をテーマに、医療安全に重点を置いた
業務を実践しています。

新規入院患者様の把握(常用薬を始めとした薬剤に関連する様々な情報を収集)、原病歴
に対しては病状や検査値などを参照しながら、薬剤減量の適否を検討したり、薬効が重複
する薬剤の有無などをチェックします。処方された薬剤のコンプライアンス、副作用のモニタ
リングも行います。

多職種からのコンサルテーションにも対応し、相談にはできる限り迅速に回答するとともに、
必要に応じて処方提案を行います。

病棟薬剤師と医薬品情報室薬剤師によるミーティングを行い、情報把握と問題の共有を
図っています。

平成25年度新人教育カリキュラムについて

平成25年4月 新人教育プログラム①と並行し、センター業務について
実務実習という形式で業務に慣れることを目指す。
平成25年5月 中旬以降より、本格的にセンター業務開始
平成26年1月 新人教育プログラム②
新人教育プログラム
  • 電子カルテ・オーダリングシステム利用方法について、院内採用薬剤について、
    調剤内規について、院内製剤について、医薬品管理業務について、持参薬鑑別について、
    院内新人教育プログラムへの参加など

  • 薬剤管理指導業務について、初回面談について、退院時指導について、
    病棟薬剤業務について、DIについて


TOP